FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
謡わないで!
2007 / 02 / 24 ( Sat )
昨日は、御茶ノ水の病院からイタリア語講座に出席し、そして観世能樂堂にと、行くつもりでしたが、病院でことのほか長時間かかり、イタリア語に間に合わず、病院から能楽堂に急ぎました。

能「藤戸」
シテ 松本尚之 ワキ 殿田謙吉 間 大蔵吉次郎
地頭 観世恭秀

前場、息子を殺された母(シテ)の声、美しい声でした。
静かに出、悲しみの様子、そして殺したワキに激して詰め寄り、また静かに中入り。
後場のシテ、殺された漁夫の亡霊に、見入り、聞き入りました。
終盤、杖を持っての舞、素晴らしく、この部は私の母が亡くなった直ぐ後、姉が舞囃子を舞った曲であり、こもごも思いが沸いてきて、と、聞き入る謡に、がさがさした変なな声が重なって…何?

1人の婦人が謡っていました。謡本を見て。前から2列目で。
信じられません!
離れているので、注意できず、耐えるしかありませんでしたが、不快で、残念でした。舞に集中しようとしたのですが…
もしこんな人がいたら、近くの方、お願いです、すぐに注意してください。
その人は「藤戸」が終わると、次の狂言、後の能は見ずに、出て行きました。

狂言「柑子」(こうじ) 
大蔵弥太郎 大蔵基誠

主人から預かった、頂き物の、珍しく1本の枝に3つ成ったみかんを食べてしまった太郎冠者、主人に返せと言われ、あれこれ言い訳をします。

1つは枝から落ち転がって門を出ようとしたので「柑子門を出でず」で皮を剥いて食べました。
転がってはいかんと懐に入れたら、刀の鍔で1つ潰れたので、そのままパクッ。
3つ目は俊寛の流刑仲間2人は許され迎えの船に乗ったのに、俊寛只1人取り残され…(みかん1つ残るは哀れ、とは言葉にしませんでしたが)食べちゃった。と。

太郎冠者の主人との掛け合い、間合いの面白さを私には説明出来ませんが、狂言、面白いです。
狂言で席立つ人々、もったいない、ですよ。

「お供を致いて…」「取りい出いて…」 致して。出して。
大蔵家では「し」を「い」と発音するんですね。

能「岩船」
シテ 金子房聡哉 ワキ 村瀬提 地頭 藤波重彦

観世流だけが、江戸中期以降、半能だそうだ。
(前場無し、後場だけ演じる)
初めにワキ、ワキツレ2人が出て来て、詞と同吟がありましたが、かなりの年配と見えるワキツレの1人の方の声がはずれ、がっかり、如何かと思いました。

シテの出。煌びやかな輝く衣装で、頭には龍の冠の龍神が、
颯爽と舞って、お終い。
スポンサーサイト
謡・仕舞 | コメント(0) | page top↑
初謡会
2007 / 01 / 21 ( Sun )
昨日、横浜で入っている謡の会の初会に行って来ました。
3日前に、「東北」のシテをする予定だった方が、出席出来なくなったので、代わりに謡うよう、会長さんから電話がありました。

自分では選ばない曲だ、などと思いつ、久~~~しぶりに本を出し、謡ってみると、面白い!     
謡会は12時開始。
「鶴亀」 格調高いシテさんの声で始まりました。
謡う機会の多い曲で、暗記している方が多いので、テンポ、ノリ良く、力強く、煌びやかに、あっと言う間に終わりました。

「東北」 ワキさんも女性。私と同い年だけど、40年以上お稽古している、深い方。
のどかに落ち着いた謡出し。さすがにいい雰囲気でした。
そのワキに、のォオ~ と声を掛けて、私の出番。
全員が、シテ、ワキ役の後ろに座って地謡を謡い、私の前には誰もいないのですが、地を謡ってる時と違って、引き締まりました。
シテ謡や詞の息継ぎの時の、しーんとして…

最後に「邯鄲」
ワキ役は、珍しくワキ方役者さんに習ったという、いつも強声の方。
品格のシテさん、ワキツレさん。「鶴亀」と同じく、全員男性が役。
聞いていて、やっぱり男性の声だけがいいなあ、と思ってしまいました。

2時前には終了。
和食レストランの車が迎えに来、20名、新年会会場に移動。

20名の内、友人知人は5名、ほとんどの方と親しく話すのは初めて。
料理はちょびっと、ちょびっとずつ美しく盛られて出てくる間に、前や横の方々から、ビールや熱燗をどんどん注がれた。
呑み助と思われたのか?
能との縁、稽古の歴史や家族の事、能楽師の方々の事等々、回りの方々の話を聞き話し、わいわいと盛り上がりの内、お開き。

駅まで送迎車で送ってもらったが、友人が「新年だから蕎麦屋に挨拶に行こう」と、どんどん歩いて行く。4人で蕎麦屋にご挨拶。
熱燗、枝豆、蒲鉾、漬物。最後に食べれないっ、ていうのに、誰かがそば頼む。半分頑張って食べました。

しかし、この仲間、本当に謡、好きなんですね、皆酒に強しですが、お酒が入って、ますますの能談義。能役者さんの物まねも出ましたよ。
最後に下平克弘さんの舞台等についての話が出て、ファンである私は嬉しかったですね。
去年12月に演ぜられた「斑女」の姿を思い出していました。                         
謡・仕舞 | コメント(1) | page top↑
同じ大蔵流なのに?
2006 / 12 / 24 ( Sun )
今年は残すところ後1週間のみとなりました。
大晦日には、近くのお不動さんで除夜の鐘をついてみたいと思いつ、寒夜の長蛇の列と鐘楼への細く長い急階段にひるんでいましたが…
今年も長い列かなぁ。

昨日藤波能の会で、大蔵流、大蔵吉次郎さん(初めて拝見)の「鐘の音」を見ました。
先月見た和泉流では太郎冠鎌は屈託無く「鐘の音」と思い込んで鎌倉に出かけましたが、昨日の太郎冠者は、「成人の祝いに何で突き鐘の音?(主人は付け金の値と言った)でも言いつけだから参ろう」と出かけます。

五大堂の鐘。太郎冠者が突きますと、「グワッ」、割れ鐘。

寿福寺の鐘。人々に突かせぬので、太郎冠者は石を投げます。
      大きい石を投げても、小さい音で「キィーン」

極楽寺の鐘。山頂に鐘楼。登らず下で聴く。「コーン」「コーン」
      響きの無い、硬い音だ、と言う。

建長寺の鐘。太郎冠者が突きますと、「ジャ~~~ンモ~~~ン
      モ~~~ンモ~~~ンモ~~~ンモ~~~ン」

太郎冠者が帰って、鐘の音を報告すると、主人は怒ります。
その主人に向かって、自分の思い違いは置いといて、「付け金の値なら、そうとはっきり言えばよかったのだ」と言い返しました。
びっくりしました。
しかし、主人に勝てるわけは無く、主人に追われて逃げようとします…
これで終わりか…
とすると、橋掛りに、主人と同格の衣装でずっと座っている人は何なんだ?
と、その人が「まず待たらせられい!」と太郎冠者と主人の間に割って入りました。仲裁役でした。

仲裁によって、太郎冠者は自分の不調法を反省し、「突き鐘も目出度いもの、和子さまのお差し初めを世にワッと響き渡らせられるよう、鎌倉の突き鐘の音をおめにかけます。
機嫌をなおして聞いて下さるように」と言い謡い出します。
主人も喜んで、めでたしめでたし。

大蔵流狂言なので、山本東次郎さんと同じ台詞回しと思っていましたが、大違い。
和泉流と全く同じ、自然な話し言葉の抑揚に近くて、大蔵流でも全く違った芸風の家、家があると初めて知りました。

大蔵流山本家の狂言を始めて拝見した時は、力強い台詞で語尾を上げる、現代言葉と余りにリズム、高低が違っており、違和感にとまどいましたが、何度か拝見するうち、真似したくなってきて「それではまいろおぉ」などとやっております。
最後の音程がいいんです。くせになります。

なぜ同じ流派なのに芸風がこんなに違っているのか、「能狂言事典」(平凡社)を見てみました。
始祖から詳しく載っていますが、う~~んと、ほとんどを省略して、

”大蔵流は江戸幕府のお抱えの狂言として洗練され、芸風も剛健で能に近い趣と言われていた。
明治時代に本家は中絶したが茂山家、山本家など弟子家が続いている。山本家では今でも伝統の芸風維持に努めている。
茂山諸家は写実味を加えていった。”とあります。

茂山家は爆発的面白さですよね。面白く、魅力増すよう、工夫変革があったんですね。
山本家、現代人の言葉リズムと異なる、伝統の芸風を維持しようという事は、大変な難事だと思います。これもすごい事ですよね。
緊張をほぐす演劇、狂言において。

和泉流と大蔵流大蔵家の「鐘の音」を続けて拝見しましたが、山本東次郎さんの「鐘の音」どんなでしょうか?
観たいです!

さて帰りは、謡い仲間と天ぷら屋で、今年最後の乾杯。
木々はクリスマスのイルミネーションで明るく輝いて、通りは若者であふれる渋谷の街を駅に向かいました。
謡・仕舞 | コメント(0) | page top↑
鎌倉の鐘の音
2006 / 11 / 26 ( Sun )
24日、狂言「鐘の音」と「弓矢太郎」を観ました。

渋谷のセルリアンタワー能楽堂にて。
「兄弟会」和泉流、三宅右近さんの子息、右矩、近成さんの会。

「鐘の音」は息子の成人の祝いに黄金を熨斗付きにした刀を差ささせようと、主人(右近さん)が太郎冠者(右矩さん)に「鎌倉に行って金(かね)の値を訊いて来るよう」に言い付けますと、太郎冠者は「鐘の音」だと早とちり(太郎冠者はしょっちゅう早とちりしますね)。
さっそく鎌倉に行き、寺を回って鐘の音を聞き、帰って主人に報告しますと、太郎冠者の勘違いに主人は怒り…

その鐘の音は?
寿福寺 ジャァ~~ン もぅもぅもぅもぅもぅ
円覚寺 パァーーーン (薄い音だと言う)
極楽寺 ジャガジャガジャガジャガ (割れ鐘)
建長寺 ゴォ~~~ン モォ~ンモォ~ンモォ~ン…

鎌倉実在のこの寺々の鐘の音、聞比べてみたいです。

「弓矢太郎」は35分、出演者8人という華やかさ。
座席201という能楽堂で、いい気持ちで見ていたのですが、上着脱ぎ、もう1枚脱ぎ、ベストを脱ぎ、
それでも暑くってたまらない暖房!

臆病なくせに強がりばかり言う弓矢太郎(弓矢を持ってかっこよく出てきました)、彼を天神講に集まった人達は脅かしてやろうと策をめぐらし…
鬼が出るという天神の森に行くことになった太郎は、恐ろしいので鬼の扮装で出かけます。
脅し役、鬼の扮装でやって来た天神講の主人は…

ここで、ぼぉ~と暑さノボセ、睡魔で…
気がつくと、脅し役の天神講の主人が舞台中央に倒れており…

ん~、肝心の場面を見逃しました!

寒くなりました。劇場に行く時は、暖房に注意!
謡・仕舞 | コメント(2) | page top↑
続々。発表会
2006 / 11 / 15 ( Wed )
地謡の先生方の厚い美しい声のハーモニーに乗って大小前に行き、達拝、「ありがたやー」最後の呂音が笛の初音に吸い込まれて行く。
あまりのすばらしさに、そのまま聴き入ってしまいそうに…

超ゆっくりの笛のメロディーに大鼓、小鼓で「楽」に入りました。
お囃子の先生方、下を向いていらっしゃるのか。目をつむっていらっしゃるのか、最後まで目は上がりませんでしたが、この演奏を謡を聴けただけで、見に来てくれた友人達、良かったと思ってください。
地頭は重要無形文化財の大先生。本当、もったいなくもすばらしかったです。

だんだんリズム早くなって、「樂」の最後がちょっとゆるんで、シテ(私)の「面白や時もげに」、地謡の先生方の謡で、どんどん進みます。
松の風音、揚幕を見たり、月を眺め、紅葉を踏みしめ,河の流れ、天の川をなぞり、飛び返って座し波を蹴立て、暁をつげる鐘の音、鶏の声、夜が白んで行く。
天鼓は最後に又鼓を打って、後ろに下がり、飛び返り枕扇。
扇で顔が隠れる形で座す。(幻のように消えてしまったの形)

具体的な形がたくさんあるので、お稽古は楽しかったです。
自分なりには扇使いなど、前回より少しは進歩したかなと思えるところあり、嬉しいですが、反省点、残念点、向上したい点、いっぱいで、稽古がまたいちだんと面白くなりそうです。

舞台が終わって、ドバッ~と開放感が。
皆に「兎に角、最後には最初の場所に戻っておいで。
好きに舞っておいで」と言って下さった師。
「これには合格だっ」と思っていたら、控室前廊下を急ぐ師、私を見ると「足拍子!」と言って、去って行き…

着替えていると、「松風」を舞った友が「みんみんちゃん大変!」と駆け込んで来た。
私の主人が来てると言うのだ。主人は私の発表会には来た事がない。
今回は娘が社員旅行で上海へ行き、親族だれも来れなくなって、気にしていたようだけど、前日に仕事が入り、やっぱり行けないと言っていた。

主人は、私の舞囃子を見終わって、トイレに行きすぐ帰るつもりが、トイレ直前で私の友に見つかり、あれよあれよと彼にとって思いもかけぬ展開に。
来ていた元会社の同僚が駆けつけ、私の友達のおばさま方に握手され、記念写真に納まり、最後には、私のどっさりの荷物を引いて帰る事となり。ありがとう。

さて、私の出番が終わった後と約束していた、
初めて能楽堂に来た友達々と主人達を、楽屋、舞台裏に案内する。

控室前の廊下にずらりと並んだ、先生方名前の入った衣装など入れてある引き出しに触って、喜ぶ人。
舞台での地謡の人達の背後の位置に、離れてある4畳半位の、舞台を見て勉強されるらしい部屋には入れない。

小鼓の湿気必要と,大鼓の火に焙って乾燥させる話は,興味津々のようだけど、先生方がいらっしゃって、閉まっていて火鉢は見られず。

控室が並んでいて、その先に扮装、着付けの間。広い畳の間二間続き。
ここから真っ直ぐ進んで、鏡の間で能面をつける…所
鏡の間の嵐窓から舞台の舞囃子と見所(客席)を見る。

五色の揚幕の手前は、橋掛かりに向かって、少し上り坂になっている。
ここを踏みしめて夢の世界を見せに役者さん達は橋掛かりに出て行く。

舞台裏、切戸口側には先生方がいらっしゃり、ちらっと、作り物、長持ちが見えるが止まらず、帰途に。
切戸口前に、道成寺の鐘があり、次に演じられる先生名で、「触らないように」と書いてあったが、見えない。話をしする。
楽屋見学、普段は見るチャンスがないので、喜ばれたよう。

終演まじか、イタリア語の先生が、受け持ち講座を終わって、駆けつけてくださった。
楽屋を案内し、舞囃子「高砂」と最後の師A先生の仕舞「雨月」を一緒に拝見。すばらしい!
もう、びっくり大喜びの様子。
 
5時半、予定通り終了。
6時から近くのホテルで打ち上げパーティー。
イタリア語の先生も誘って行く。
最後に会場に入ると、もう、皆さん笑顔笑顔で話が盛り上がっていました。

曜日は私と違う稽古日のK氏、なんと、私の行き始めた語学校の先輩でした!イタリア語の先生とイタリア語で話が弾んでいました。
師A先生のご主人がブランデーをサービスして回られ、いただいたり。
最後に、有志(ほとんど全員)でイタリア語の先生を中心にして、「フニクリフニクラ」を歌い、解散。

名残の二次会、会員のお医者様つきで。

反省会は次の稽古日の夕方につづく…
謡・仕舞 | コメント(5) | page top↑
発表会・続き
2006 / 11 / 14 ( Tue )
舞台裏に、地謡の先生方、笛、大鼓、小鼓の先生方が集まってこられた所に、私の師A先生が駆け込んでこられる。
A先生の隣に座って、先生方に「よろしくお願いします」と平伏。
もうすでに硬。

舞台の素謡「弱法師」が終わり、拍手に送られてすっと開けられた切戸口から出演した会員、先生方が出てこられた。
いったん切戸口は閉められ、「しっかり舞って来ましょう」とか、「いいですか」と声をかけられ、そして開けられた!

明るい! 能楽堂は他の劇場と違って、客席も明るいんです。
能舞台が野外舞台であった所からでしょうが、以前、目線の位置に心配そうに見つめる姪夫婦の顔が…
舞台からも客席、人がハッキリと見えます…

舞台床板の傷跡線に膝を当て座ろうとすると、憧れのE先生の声が「もっと前に出ましょう」と。
私の後ろに、E先生とA先生が傷跡線後に座られ、DFG先生がその後ろ。

地謡の先生方の謡に乗ってゆっくり大小前に、正面を向く。真ん中。
「ありがたやー」、達拝。ここで笛が始まる。
謡の「やー」が笛の音の中に吸い込まれていく。きれい!
うっとりはしておられません、今は私が舞台の上!

やってしまいました!
楽、初段の終わりの足拍子、七拍子。
舞台での、間違い初体験!
八拍目で始める所を四拍目で足拍子を踏んでしまいました!
踏んだとたんシマッタと思いましたが,八拍目に次の足拍子をして、その次の正へノリ込むきっかけの四拍目の足拍子で正道に戻し…

二拍目の足拍子を前の八拍目に踏んで、四拍目まで数秒ですが、足拍子を待つ時間の長かった事!
後でDVDを見たら、それまで目をつむっておられた私の師A先生が、ピクンと目を開けられて…

樂は舞台のあちこちで足拍子もあって面白い舞だと思います。
本舞台、足拍子がいい響きで、気持ちのいいこと!
場所によって、響きが違うんですね!
上手になったような気がしました。(気持ちだけです)

舞台の下には、7つの甕が半埋めにしてあるそうですが、舞台で足拍子をして、響きを聴いて、ここがいい、方向は…など、決められたのでしょうか。
足拍子の多い「樂」のお陰で、舞台のいい響体験ができました。

続きは明日に、おやすみなさい…
謡・仕舞 | コメント(0) | page top↑
発表会
2006 / 11 / 13 ( Mon )
発表会、終わりました。
6時に起き、8時10分渋谷駅着。コーヒーとサンドイッチ1個おなかに収めて、いざ出陣。
8時40分、観世会館に着くと、私の師A先生は着かれたばかり、すでに4人の同門会員が控え室に。
1人は着付けお願いしますと、早い出番が気になるようだったけれど、まだ大丈夫ですよ、と足袋をはき、皆を誘って、舞台に行く。

切戸口からの明かりだけなので舞台は真っ暗。
少しの間で目がなれて、舞台の輪郭がうっすら見えてくる。
申し合わせの日、始まる前に同じく暗い舞台に立った時は怖かった。
舞台の縁が、下を見ないで動くと実際よりうんと近く感じて。

この日は怖くなかった。
気合が入っていたのか、常ならぬ早起きでボーとしていたのか…
明かりがついた。A先生に最初に座る位置と教えられた舞台床板の大きな傷跡を確認。
申し合わせの時、大小鼓の間に進み正面を向いたら残念、一歩幅、中心に足らずだった。
よく使う場所は床板が白っぽくなっているが、大小前では中心より一板、地謡方寄りになる場所が白っぽくなっていて、不思議。

お囃子方先生7名。シテ方先生14名。会員22名。
火鉢の火(大鼓の皮を乾燥させる為)が部屋奥、小庭前に見えた囃子方先生方の控室も閉まり、並びの控室皆閉まり、挨拶やらの声は静まり、いよいよ始まり近し。
日ごろ3曜日に分かれた稽古日の会員が集まっただけではしゃぐ面々、
本日はプロの先生方に囲まれて本舞台体験日、ドキドキ嬉しさと、緊張とで、中には精神安定剤を飲む人も。

始まる前、女性のC先生が来てくださり、数人が袴の着付けをしていただく。
10時、始まりました。
数人の着物、袴の着付けをする。
見所に行って見たり、控室で着付けのお呼びがかかったり。

申し合わせの時、私と同じく大小前の中心がずれた人たち、本日の舞台、皆さん、ピタッと中心で正面を向く!

演じ終わった人は、晴れ晴れ、笑顔満杯で控室に帰って来、これからの人は引き締まった顔で出て行く。

緊張で食べられないという人と昼食。食べると落ち着くって励ましつ。
人どころではないのだけど。

出番が近いと言われ、急いで着物を着ていると、C先生が来てくださったので、袴を着せて頂く。
きゅっと締めてくださったC先生のお守りがありますように。

控室のテーブルには会で用意したお菓子、頂いたお菓子が盛り沢山。
小さなお饅頭1個、次にチョコレートちょっと食べて、かりん漬けの蜂蜜1口を湯飲みに入れて、舞台裏に行く。
舞台では素謡「弱法師」進行中。
私は「天鼓」の舞囃子で謡は一瞬なんだけれど、蜂蜜はいつものお守り。

舞台裏にはテレビがあり、舞台を映している。
舞台とは板一枚の境界なので、テレビの音はなし。
舞台進行を見るためのもの。舞台からの音声は聞える。
舞ってみたりしたが、緊張で落ち着かない。

C先生、D先生が来られる。
D先生がお茶目を言われたので、噴出してしまったが、おえらい先生にこんな一面があるなんて、
緊張をほぐしてくださったのだけど、ありがたかったけど、ビックリ!

文章が消えるという失敗をしてしまいました。
続きは明日…
謡・仕舞 | コメント(2) | page top↑
「松風」
2006 / 10 / 27 ( Fri )
今日は、友人と新宿のヴェネチア料理レストラン、アル・バーカロで会い、食事をしながら、能「松風」について、話しました。
ストーリーと、舞囃子部分のシテの謡い方再確認。

舞囃子は村雨(シテ、主役)の詞「うたての人乃言い事や…」から始まりますが、その詞は、その前の掛け合いで松風は村雨に、いさめられ、「あれは松ですよ、行平はいらっしゃいませんよ」と言われたのに対し、昂ぶる心で「うたての… と言い返す部分だから…と2人でやってみる。小声。

続きのシテのカカルも、少し尋常ならずというか、昂ぶる心が続いているので、譜面は簡単ですが、高さ、緩急、考えどころ。
一番奥の部屋、隅のテーブルで。回りに客人おらず。
12時過ぎ、客人でいっぱいになり、回り、話し声でにぎやか。
料理が運ばれてくる合間に、和歌をうたいあげるところ。
ジェラートで「ノリ」。

友人、11月4日、発表会でこの舞囃子「松風」を舞います。
舞はもちろんですが、初めにある、松風(友人)と村雨(能楽師)の掛け合い、楽しみです。
謡は舞と一体、とても大切と思って学んでいますが、素人会の仕舞、舞囃子では、シテ謡が軽く扱われていることが多いような気がしますが、いかがでしょうか?
友人は最初の詞、謡から「松風」ワールドを表してくれるでしょう。

お姿を舞台の上で拝見させて頂いている先生方に、お囃子、地謡を謡って頂いての舞囃子、幸せな時。
私もこの日、舞囃子を舞います。大先生、憧れの先生が地謡に…
すでに緊張…
謡・仕舞 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。