FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
下田、爪木崎へ
2006 / 12 / 24 ( Sun )
下田、須崎の御用邸近く、爪木崎灯台へ歩10分の小さな温泉宿に友人4人と行って来ました。
部屋に入って、障子を開けると、うわぁ~~!と皆歓声。
白い灯台より高くに水平線。その水平線上に大島,利島、鵜渡根島、新島、三宅島、御蔵島、式根島、神津島、神島、神子元島…並んでいる!

アロエの赤い花々を見、水仙の自生地、三分咲き位の中の小道を通って灯台まで散歩。
私は景色に見とれ、数分スケッチしては、友人達に追いつき帰宿して温泉に。
浴室の大ガラス窓には海、水平線、島々。
時間により、大、小の浴室は男女入れ替え。勿論、両方入りました。

宿のパンフレット写真を見て、料理少な目か?私には適量、と思っていたのは大間違い、食べすぎで苦しくて、新鮮でおいしいお刺身を残してしまいました。残念!
伊勢海老半裁にサザエの殻付きがお味噌汁に!びっくり。
おいしかったです!
数日前が誕生日だった友人の為の乾杯に、熱燗頼んだら、お猪口、ぐい飲み、選ぶよう多種出され、見入りました。

玄関に大層な家の蔵の戸か、漆塗りの戸があり、女将さんの笑顔で迎えられて入ったら、あちこち、
骨董好きの私には嬉しい、何だろうっていう品、調度品。
そして、ロビーには日本、西洋の骨董品が。部屋にも!

熱燗用に、私は河合一門の作を選びました。
お隣は、九谷の内側金外側朱の杯。皆、ごきげん。

部屋で謡と仕舞、すこし勉強して、おしゃべり。
部屋のドア前に、お湯とお水のポットがいつの間にか、置いてありました。

寝る前、屋上に上がると、星が鮮明に瞬いて…
友人は、宿のアンケートの問い、”屋上に露天風呂をつくる計画”に賛成と言っていたのですが、
静かにテーブル、椅子で星を眺めるのも捨てがたい、と迷いの道に。
私は露天風呂で星を眺める派。

朝、4時40数分、部屋から朝日を見る!
雲があり如何かと眺めていると、利島の上に姿を現しました。
雲々を赤く染めて、大きく輝き渡って。

前日の夕日もジーンとしました。海を赤く染めて。
夕日は海面に陽光を残しつつ去って行きましたが、朝日は空を照らし、朝焼けからどんどん空を明るくし、海の夜があけていく…

帰宅の翌日の王先生の講座に行く前に、この夕日、朝日の感動を思い出して描いて持って行きました。

さて、1泊だけだったのに、友人達と何日も家を離れた気分で帰宅すると、郷里から松葉蟹がやって来ました!
日々のこと | コメント(0) | page top↑
<<午前0時、キリスト誕生 | ホーム | 同じ大蔵流なのに?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiacchierona.blog78.fc2.com/tb.php/15-d665fe02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。